stories
どこか遠くにある街
title
サーカスの夜
no.
L12
items
オブジェ
material
真鍮
W2.3cm H1.8cm D2.1cm
size

年に1度 街のお祭りには
小さなサーカスがやってきます
広場はテントが立ち音楽が流れ
ランプが灯り特別な場所に様変わり
サーカスの開演をみんな楽しみにしています
置くとその場がにぎやかな祝祭の雰囲気になり
音楽が聞こえてくるようなサーカステント。

いつも変わらぬ時間が流れる小さな街が
年に1度とても賑やかで華やかな日になるお祭りの日。
きっとそんな夜にはサーカスがやってきて
美しい夢のような時間を街のみんなにみせてくれる。
そんな夜を想像して出来ました。


サーカスの入り口には看板がついていて
そこにはラテン語で CARPE DIEM と書いてあります。
直訳すると「その日の花を摘め」
意味は「その1日1日を愛おしみ生きよう」という言葉です。

サーカスで始まる夢の世界を存分に楽しみ元気をもらい、
また戻っていく日常を大切にする気持ちでこの言葉を選びました。

お手入れ方法

どこか遠くにある街オブジェのお手入れ方法をご紹介しています。
ウェブサイト画面左下の「メンテナンス」をクリックしていただくか
→こちらをご覧ください。